小型犬の洋服選びのポイント

小型犬の服のサイズはどうする?

小型犬の服のサイズはどうする? 小型犬の服を購入するとき、サイズはどうやって測るのが正しいでしょう。
サイズを測るには、首周り・胴周り(胸囲)・着丈・前着丈を知っておきます。測る場合、犬を立たせて落ち着かせてから測りましょう。
首周りは首の付け根の少し太くなっているところ、首輪を着けるところでなく服を着たときの首の周囲を測ります。
胴周りは脇の下の、胸の一番太いところを測ります。
小型犬のダックスフントは骨格が船底形なので、前足のすぐ後ろ辺りが一番太くなっています。お腹がぽっちゃりしている小型犬の場合、お腹の周りを測って下さい。
レインコートなどの伸縮性のない素材を着せるなら、動き易さを考えて少し余裕のあるサイズにしましょう。
着丈は首周りを測ったところから、尻尾の付け根までを測ります。前着丈はのどの下辺りから、おへそまでとなります。
測る時も直接メジャーを使わずに、紐などで採寸してから物指しやメジャーで長さを測ると上手くいきます。
締め付けずに、指1本分くらいの緩みをもって測りましょう。

小型犬に服を着せるメリット

小型犬に服を着せるメリット ペットを、家族のように大切にしている方は多いと思います。中でも小型犬は、変わらず人気です。
以前は、犬に服を着せていることは飼い主のエゴのようだとあまり良くないイメージが持たれていた時代がありました。
実は、小型犬には服を着せていることはメリットだと分かってきました。
日本には、四季があり大きく考えると暑さや寒さに対する防寒具の役割があります。室内で飼われる事が多く、夏にはサマーカットしていると、冷房の冷気が直接、小型犬に当たることも防止出来ます。
外出先や室内での、抜け毛対策に役立ちます。動物が好きな人ばかりでは無いので、エチケットの面からも配慮出来ます。
動物は季節で毛の生え変わりの時期には多くの抜け毛が知られていますが、現代は冬でも、暖房の影響で抜け毛が年間を通してあるようです。
一緒に布団で休まれる方にも、寝具を清潔に保つ面で服を着せる利点として効果があります。
人間とペットが、仲良く暮らせるように工夫して楽しみたいですね。

新着情報

◎2017/11/8

ボストンテリアの服
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「小型犬 洋服」
に関連するツイート
Twitter